介護リフォーム

  • HOME
  • 介護リフォーム

介護リフォームの必要性

体の機能が劣えたお年寄りや、体に障がいをもつ人にとって、家の中のちょっとした段差で大きなケガに繋がったり、階段の昇り降りなどがつらくなり、行動範囲が狭くなってしまい、移動すること自体やめていってしまう方もおられます。
そんな方々が、安全で快適に動けるよう段差をなくし、家の中に補助となる手すりや廊下・出入り口に充分なスペースを確保することなどが基本的な介護リフォームになります。
将来を考えてこの介護リフォームを検討することをおすすめします。

助成金について

助成金について

介護保険では20万円まで9割の補助が受けることが可能です。
その他、自治体ごとに助成制度があります。

受給対象者
・要介護認定で「要支援・要介護」と認定されている
・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住している
・助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)*工事費の9割を支給

介護保険適用の条件
・手すりの取り付け
・床段差の解消
・滑りの防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
・引き戸などへの扉の取替え
・洋式便器などへの便器の取替え

手すり

手すり
階段などに手すりを設置すると、転倒防止にもなります。
今は不要でもトイレや廊下、浴室などの壁を補強しておくと後で簡単に設置できます。

スロープ

スロープ
門から玄関、駐車場などの高さが不揃いだったり、少しの段差があるだけでも怪我の元になります。
スロープ化しておけば、移動がよりスムーズになります。

バリアフリー

バリアフリー
車椅子の方などが無理なく、移動しやすくすることで、快適に生活できるようになります。

お問い合わせ

各種リフォーム、
新築のご相談はお電話かメールにて承ります。
お気軽にご連絡ください。

TEL 048-282-0305
MOBILE 090-8104-2535

(営業時間 9:00~19:00 / 定休日 日曜日・祝日)